a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1年。

[ 2012/03/11 10:43 ]
年末に購入したポストカード(再掲)。
あの日のことは、多分一生忘れないし、次の世代にも、語り継いでいくと思う。

CAQMO1CL.jpg

その前に、次の世代が穏やかに暮らしていける社会を作るのが、いま大人になった私たちの役目。


◆◆◆

毎年3月第2週の週末に開催される、会社関連の会議に出てきました。
ちょうど1年前もこの会場にいて、地震に遭遇したんだなあ…と
何をしていてもそのことばかりが頭をちらつきました。

だけど、今年は平和に、一生懸命、話し合いをしている。
地震のことは過去のことではないけど、ちゃんと前には進んでいるのです。


がんばろう、ニッポン。
スポンサーサイト

1月17日

[ 2012/01/17 20:37 ]
あれから17年。

私の人生の半分以上が、「震災後」になってしまいました。

青いビニールシートに包まれた三宮の街並み。
そして、たったの半年後に、見事なまでの再興を果たした同じ街の姿。

自然の畏さと、人間の底力を見せつけられたような気がしました。


だからきっと、今回も、乗り越えられると信じています。



◆◆◆


あのころはまだ中学生で、ただおびえて戸惑うことしかできなかったのですが
今の私はもう、ちゃんとした大人。

おびえて戸惑うだけではなくて
社会を、日本を支える一員であるという自覚を持って生きていかないと。

節電。

[ 2011/07/03 06:40 ]
経済産業省が、節電対策ポータルサイトをオープンしました。

節電.go.jp【家庭向け】

日々の電力使用状況の予測(でんき予報)がぱっと一目でわかるだけでなく
電力契約情報などを登録することで、自分の節電状況が具体的に把握できるのだとか。

そして、節電の達成状況に応じて「参加賞」「達成賞」がもらえるチャンスもあるのだそう!

モノで釣る、というと聞こえがよくないけど
こうやってゲーム感覚を取り入れるのは、決して悪くないと思う。



◆◆◆


電車や建物の中が暑いと、正直イラッとするし、某社に対して「おのれー」と思う気持ちもあるけれど
不謹慎だけれど、ほんの少しわくわくしている自分もいます。

誤解のないように言うと、それは個人的な興味の「わくわく」ではなくて
ひとりひとりがエネルギー問題を意識したり、企業が節電対策に苦肉の策で取り組むことで
社会全体の意識が大きく変わるに違いないと思うのです。

いままで、企業としてもやらなきゃやらなきゃと思っていてもなかなか実現できていなかった
「エコ」や「ワークライフバランス」が、これをきっかけに大きく推進されるかも。



というよりも、このマイナスの状況をゼロに戻すだけでなく
そうやってプラスの流れに変えていけるかどうかが
これからの日本が衰退するか復興するかの、大きな境目になるのではないでしょうか。

せつない

[ 2011/03/24 22:10 ]
幸せな話題を待っていてくださった皆様、ごめんなさい。
落ち込んでしまうような話題だけど、ちょっとだけ、書かせてください。
私の今の気持ちです。

【転載】震災と心身のストレス反応~セルフケアのために

[ 2011/03/19 10:25 ]
現地で被災されている方はさることながら
これだけ延々と、想像を絶する光景をテレビで流し続けられると
それを観ているだけでも相当のストレスを受けることかと思われます。

いわば日本中全体がストレスにさらされている状態。
動物が本来持っている防衛反応として、メンタル面にも変調が起こる可能性がありますので
もし「あれ?なんかちょっと普段と違うかも」と思われる方がいらっしゃったら
下記の文章をご参考に、セルフケアを行ってみてください。

私の合唱仲間でメンタルケアを専門にお仕事されている方が、mixiで紹介されていた情報です。
その道の権威ともいえるプロフェッショナルな方からの情報ですので、安心してご覧ください。
(もし転載される場合は、以下の範囲を末尾のコピーライトまで含めてお願いします)


---
■ 震災と心身のストレス反応
 今回のような甚大な被害に遭ったとき、心身に思ってもみない反応が起きることがあります。こうした身体面および感情面での様々な反応は、『異常事態に対する正常な反応』であることが多いのですが、いくら正常な反応とはいえ、滅多にないことですので、自分でも戸惑ってしまうものといえます。

身体面
 疲労感
 めまい
 吐き気
 食欲の低下
 血圧の上昇
 のどの渇き
 心拍数の増加
 不眠・過眠
 緊張・リラックスできない
 頭痛
 便秘

感情面
 恐怖を感じる
 感情の麻痺
 イライラ感・怒り
 悲しみ・嘆き・涙もろくなる
 不安・不信感
 うつ・落ち込み
 現実感のなさ
 罪悪感・自責の念
 感情の爆発
 楽しみの感覚がなくなる
 自己否定しがちになる

その他
 集中困難・出来事の映像が蘇る(フラッシュバック)・頭から離れない
 決断力の低下
 過敏・過剰な反応
 出来事のことを思い出せない
 引きこもる
 楽しみがなくなる
 お酒やタバコの増加
 ワーカホリックになる

■ 反応への対処方法
 このような状態がみられたら、できる限り以下のことに注意して生活を送るよう心がけてみて下さい。混乱した状況の中でエネルギーを消耗しないためにも、できる範囲で「いつもどおり」を心がけることが、とても重要なことです。

<できるだけ心がけること>
 リラックスできる時間・充分な休息を取る
 決して無理をせず、通常の生活で行っていたことを保つように心がける
 出来事を友人や家族に話す、分かち合う
 規則正しい生活を心がける
 いつもの7割くらいの力で活動する
 大丈夫でないときは大丈夫と言わない
 心を許せる人との時間を持つ
 少しでも心地良いと思えることをする
 適度に身体を動かす
 喜怒哀楽を率直に表現する
 必要であれば援助を受ける

<注意すること・避けるべきこと>
 ストレス解消のための酒やタバコの飲み過ぎ
 無理に忙しくする
 感情を抑えこむ
 必要と感じているのに援助を断る
 出来事がなかったかのようにふるまう
 自分を責める
 常に仲間から離れて一人でいる
 自分の気持ちを否定する

(作成:ジャパンEAPシステムズ http://www.jes.ne.jp/)
---
プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。