a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桃狩り

[ 2012/07/08 06:14 ]
甲府で桃狩りしてきました。

DSCF5607.jpg

あかーく色づいた桃、よく熟れたやつはとても甘くてジューシーで
ナイフで皮を剥いているそばからどんどん果汁が滴りおちるの。

お行儀よく、几帳面に皮をむいて果肉をけずって
それを奥さんに食べさせてあげているジェントル男子と
てきとーうに皮をめくってそのままかぶりついて
口のまわりをベッタベタにさせているワイルド女子と。


◆◆◆


道の駅?にいろんな動物の石像が並んでいて、ブレーメンの音楽隊かと思ったら

DSCF5609.jpg

よーーーく見ると、うさぎ、犬、馬、羊…


干支だった(^^;)


しかしながらそれぞれの動物の造形にまるで一貫性がないため
(アニメチックな犬、妙にデフォルメされたうさぎ、コブラのようなリアリティあふれる蛇、ていうかこれ神龍だよね?みたいな生物、抽象画のようなイノシシ←一瞬、象かと思った などなど)
かなり混沌としていました…


◆◆◆


往復は、隣の席の後輩女子とひたすらトーク。うるさくてすみません。
解散後は、これまた別の後輩女子とお茶しつつひたすらトーク。ようしゃべった一日だなあ。
スポンサーサイト

秋の川越

[ 2011/10/23 06:42 ]
これも夫が一時帰国していた際のこと。
ようやくのオフ日、なんとなく日本らしい場所にいくのがいいかな、と思って
電車1本で行ける川越に、久しぶりに行ってきました。


そして、花粉症と思しき症状に悩まされる夫。行先選びが裏目に出たか。


さておき。
秋とは思えない日差しの行楽日和、川越は観光客で満員御礼状態でした。


こうやって見ると、秋の青空の高いことよ。

DSCF2568.jpg


川越に来るのもこれで4度目なので、風情を楽しむとかよりも
街中の風景にツッコミ入れつつ歩くことのほうに気持ちが向かいがち。
昔ながらの町並みが残っていると、「VOW」的ツッコミどころがたくさんあることあること。



これは、某コーヒーチェーン店の店先に掲げられていたホワイトボード。
そもそもうちの近所のお店では、こんな手書きメニューが出されているのを見たことないのですが。

DSCF2575.jpg

「おいしくて適度な量」というのがセールスポイントの模様です。
普通ここは「ボリュームたっぷり!」といううたい文句が来るところなのですが
控えめであることを敢えて押し出しているところに、オーナーの微妙な心配りが感じられます。

多分このあたりはお年を召した方がたくさんいらっしゃるので
ガッツリ量だと胃袋におさまりきらないことが多いのでしょうが

「あらー!このお店でスパゲッティ食べられるわよー!!」
と元気よくお店に駆け込んでいったおばさま方だったら
「適度な量」ぐらいペロリと飲み込んじゃいそうな気がしました。



これって何らかの規制に引っかからないのだろうか。と思わず心配してしまった看板。

DSCF2574.jpg

倫理的な問題をさておいても、このネーミングセンスはどうよ。
あ、よく見ると文字の色使いでとうがらしのカラーを表現してるのね。



◆◆◆


お口直し。

歩き疲れたので、手近なカフェで休憩。

DSCF2577.jpg

「さつまいもプリン」…食べてみたら、いもようかんだった!!

伊香保温泉(ようやく記事アップ!)

[ 2011/10/23 06:20 ]
2回に渡る記事消滅に心折れていましたが、気合入れなおして再度投稿。


早くも半月前の出来事になってしまいましたが、夫が一時帰国していた際
「おんせんはいりたい」とのたまうので、行ってきました伊香保温泉。
といっても、夫実家が高崎にあるので、帰省がてらの日帰り家族旅行です。

まずは榛名湖。
高崎市内から車で1時間もかからないところにありました。
なんとここも高崎市内。
平成の大合併によって市のエリアが拡大したせいですが、ここと新幹線駅が同じ市内だなんて。


ロープウェーの山頂から眺める景色は…

微妙(--;)もうちょっとすっきり晴れていたら、もっと眺めがよかったのだろうか。

山頂の富士山神社までは、結構心臓破りの石段が続きます。

DSCF2526.jpg


ロープウェーから望む榛名湖。ハートの形をしています。
(この写真からじゃよくわからないけど)

DSCF2537.jpg


下山してからは榛名湖の回りをドライブして榛名神社へ…
と思ったら、なんと近年のパワースポットブームのために大混雑。
坂道の途中で車が立ち往生してしまうほどの大渋滞です。
ということで、あっさり榛名神社はあきらめて、次の目的地へ。


伊香保温泉!これが名物の石段です。

DSCF2551.jpg

そしてテッパンの温泉まんじゅう。
温泉まんじゅうは、ここ伊香保が発祥の地なのだとか。
蒸したての温泉まんじゅうはふわっふわ!

DSCF2552.jpg

温泉のわき出るところにも行ってみました。
そしてこれは「紅葉橋」。今頃、もみじがキレイかな。

DSCF2554.jpg

お昼時も近づいてきたので、ここまで来たのだから水沢でうどんでも食べていくかということになりました。
伊香保温泉から水沢までは、車で10分程度の距離なのですが
折悪く、この日は三連休の中日。そしてお昼時。

このあたりに詳しい義父母も驚いていたのですが、なんと伊香保~水沢まで「うどん大渋滞」が発生していたのでした(涙)。

腹ペコのおなかを抱えて、うどん屋さんに到着したのが午後2時前。
そこから今度はうどん到着まで、30分あまり。

DSCF2555.jpg

空腹は最高のスパイス!といわずとも、歯ごたえのあるおうどんがおいしかったです。


水沢うどん 本舗 丹次亭


◆◆◆


あれ?なんか忘れている…?
と思ったらなんと!

伊香保に行ったのに、温泉に入っていませんでした!!


ドライブして温泉まんじゅうと水沢うどんを食べに行っただけかーい…
そして「おんせんはいりたい」と言っていた張本人の夫がノークレームて。いいんかい。


まあ、今回はうどん渋滞のせいで断念せざるをえなかった原美術館も是非次の機会に行きたいと思っているので
そのときに温泉リベンジしてくることにします。

ドラクエ展

[ 2011/10/19 20:48 ]
伊香保温泉に行ったことを書こうとしたら、2回も記事が消滅してしまいました。
心折れるわ―。


ということで、やるせなさをドラクエでごまかしていきます。

夫がアメリカに戻る前日、無理やり午後半休をとって平日デート!
夫がアキバで見かけた「ぶきとぼうぐのみせ」に行くことも考えたのですが
結局、TOKYOの誇るオシャレスポット・六本木ヒルズに行くことになりました。


これを見るために。


IMG_0193.jpg


FFよりも圧倒的DQ派です。
(そしてフローラよりビアンカ派)


入場前からかなりわくわくしていたのですが
入場してみると、さらにわくわく沸騰!

実物大の「おおきづち」ですって。目の当りにすると意外と大きいのね。

DSCF2584.jpg

リアル戦闘シーンが体験できるイベントとか、開発の様子がよくわかる展示とか
エンタメの要素もアカデミックの要素も取り入れた展示会になってました。

ドラクエをプレイしたことのある人は、ぜひ一度いってみるといいとおもいます。

「誕生25周年記念 ドラゴンクエスト展」



展示スペースから出ると「ルイーダの酒場」が。
やや歩き疲れていた私たち、「ベホマッチャ」で体力回復を試みる。

IMG_0218.jpg

ちなみに、ここでの通貨単位は「円」ではなく「ドル」でも「ユーロ」でもなく
「ゴールド」でした。
従業員教育も徹底していて
「○○ゴールドのお釣りになりまーす」
とさらっと返してくれます。

レートは1円=1ゴールドでした。
ということは。
やくそうは結構やすいもんなのか。ドラゴンキラーぐらいだったら頑張れば買えちゃう。


スライムの群れがあらわれた!!

DSCF2587.jpg

ちょっと仕事先でも話題になってたのですが、「スライムにくまん」です。
これ全部倒したら、どれくらい経験値もらえるのかしら。
ていうか、合体して「キングスライムにくまん」になったりせんかな。



◆◆◆


余談。
ドラクエ展内のイベントで、うまれて初めて「いかずちのつえ」を手にした私。
まほうつかいやっすんです。ベギラマ使えます。

IMG_0217.jpg

我ながらいい顔してるねー。楽しかったのね。

横浜。アート。デート。

[ 2011/09/11 06:44 ]
行ってきましたトリエンナーレ!

「?」と「!」の連続でした。
単に「きれいだね」「美しいね」で終わらないのが現代アート。

ちょっと写真もアップしますが、本当の面白さは実際に行ってみないとわかりません!

DSCF2425.jpg

DSCF2434.jpg

DSCF2437.jpg

DSCF2439.jpg

DSCF2447.jpg


【その他自分用備忘録キーワード】
・電話・窓ガラス・パフォーマンス・蝶の羽・電球・一粒だけダイヤ・パイプオルガン・アラーキー・変な生き物・りす・出土品・やなかんじ・ちょっとトラウマ系・不安感があおられる・こども・観覧車



キーワードを書き並べていて、テーマの雑多さ豊富さに改めて感心。
まるで子どもの宝箱みたいだ。




◆◆◆


昔はその意味を頭で理解しようとぐるぐる考えて
結局よくわからなくなっちゃて「現代アートってやっぱり理解できん」と放り出していたのですが
もともと頭で考えてどうこう、っていうものではないんですよね。アートって。

言葉だけでは伝えきれない、感覚の淡いもやもやとした領域のところを
いろんな手法を駆使することで、他人と共有しようという試みなんだと思います。

、っていう小難しいことをいちいち考えなくても
いろんな感覚を刺激されるのが、現代アートの面白いところ。
(たまに、理解の範疇を超えた作品もありますが…)

今回はメイン会場しか回れませんでしたが、もうお腹いっぱいー。
でもとても面白かったので、他の会場にも足を運んでみたいです。


ヨコハマトリエンナーレ2011
OUR MAGIC HOUR
世界はどこまで知ることができるか?



知ろうとすればするほど、私たちは世界を砂粒ほどしか知らない、ということに気づかされる。



◆◆◆


この日はtokoさんとのデートだったのでした♪会うのはとてもお久しぶり。

ふたりしてトリエンナーレを満喫した後は、お茶をしながらおしゃべり。
女子トークなんていうものも久しぶりだったので、何気にアドレナリン全開のハイテンションでした(笑)。

「働く女子の思うところ」トークなんていうものも。
そして話題は美味しいパンの話からシャンパンの話へ流れたりして、尽きないつきない。

なかなか仕事のことが頭から抜けない週末だったのですが
おかげですっきりリフレッシュできました!
tokoさんありがとう。次はみんなで茗荷谷ごはんをばぜひ。
プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。