a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真っ赤な手帳。大人の女性に近づくために。

[ 2011/10/30 20:38 ]
システム手帳を新調しました。

仕事がら、年またぎの案件を抱えることが多いので
年が変わっても前年の行動状況やメモは確認したい。
ということで、ながらくシステム手帳派です。

実は一昨年にシステム手帳を購入したんですが
ものの一年足らずでリング部分が手帳から外れてしまったのでした。

メーカーに修理を問い合わせてもなかなか快い返事が得られず(--;)
やむを得ず外れた部分を無理やりはめこんで、だましだまし使ってたのですが

もういっか…という気持ちが強くなり、このたび銀座伊東屋にて新調。


じゃん。
赤のクロコです!

20111029190229.jpg


赤、好きな色。
気づいたら、財布もブックカバーも真っ赤。
ちなみにコートも真っ赤っか。
真っ赤な色は元気をくれるから、いくら身の回りにたくさんあっても邪魔に感じません。


なにげにクロコは初挑戦です(iPod touchのちっちゃいケースはのぞく)。
ドキドキ。

「大人の女性」に近づきたくて、少し背伸びをしてみました。
真っ赤なクロコの手帳がしっくり馴染むような、いい女になりたいな。
明るくてポジティブで力強くて、それでいて華やかな女性。


◆◆◆


成人してからこっち、「年上」「おねえさん」という立場であったことが
実はあまりありませんでした。

大学のサークルはともかく

会社に入ってからずっと、同じ部署に入ってくるのは年上の人ばかり。
4年目にできた後輩くんも、博士卒で実は私と同学年(しかも誕生日は半年早い)。
10年にわたって所属している音楽団体も、いまだに私が最年少クラス。

そんなわけで「年下キャラ」でいることにすっかり慣れてしまっていたのですが
会社にどんどん後輩女性が増えてきて、ずっとそうしているわけにもいかなくなってきています。

リーダーシップ、とまではいかなくても
後輩たちのために、少なからず「お姉さん役」「先輩役」を買って出る必要性を
感じるようになってきました。

「この人のようになりたい」というロールモデルがなかなか見つからなくて
悩んでもがいていた自分の新人時代を思うと
少しは後輩たちの目標になれるような先輩になることも、会社員のつとめなのかなと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。