a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

結婚式でした

[ 2013/01/28 05:40 ]
DSCF7400.jpg


大学時代のサークル同期の結婚式でした@雪降る杜の都。
寒波到来ということで、ちょっと心配になるぐらいの降雪。
雪の中の結婚式もなかなか大変だなあ…と思ったら
自分の結婚式@東京 のときのほうがよっぽど大雪でした(^^;)。

とはいっても、結婚式場は駅直結のホテル内&二次会会場も地下通路を通っていける場所だったので
直接雪に降りかかられることはありませんでした。
(地下通路から二次会お店までのわずかな地上部分が路面凍結してて、決死の5メートルではありましたが)

こういうところも、新郎新婦のこまやかな気遣いだなあ。


「ザ・気配りすと」な彼女、披露宴のときでさえみんなに気を遣ってやや緊張していた様子でしたが
二次会ではリラックスした笑顔が見れてよかったよかった。
やっぱり花嫁さんは、満開の笑顔でないと!

新郎新婦ともに、まわりの人たちからとても愛されてるのが伝わってくる結婚式でした。
幸せいっぱいの場所に招待してくれて、本当に本当にありがとう!!



◆◆◆


印象に残ったシーン(番外編)。

①牧師さまのテンションが高すぎる
 結婚式を執り行う牧師さま、入場するなりいきなり

 「ハァァピィ ニュゥ イヤァァ――!!!」

 とな(驚)。
 やたらテンションの高いかたで、式のお言葉もいちいちパッションに溢れていましたが
 式が終わった後も

 「フレーーーンズ!!!」

 などなど叫んでらっしゃった、ある意味エンターテイナーでした。
 ちょっと個性的すぎる(そのぶんすごぉく記憶に残る式だったわけですが)。
 
 それにしても、結婚式の外国人牧師さんって、なんであんなにもインチキくさい(失礼)日本語なのでしょうね。
 実はもっと流暢に日本語はなせるんじゃなかろうか。といつもうがった見方をしてしまう私。


②おぞうに

DSCF7469.jpg
 
 シーン、というかお料理。披露宴のコース料理のしめがお雑煮、というのも意外でしたが
 なんと鮎がどーーーんと乗ったお雑煮でした。すごい!
 これって東北地方の習慣なのでしょうか。もうビジュアル的にもおなかいっぱい。


そのほかにも、二次会ゲームでの笑っちゃうぐらいの同期の引きの強さとか。
これからずっと、からしがぎっちり詰まったパンを見るたびにこのことを思い出すんだろうなあ。
(そんなパンにお目にかかることはそうそうないだろうけど)
スポンサーサイト
プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。