a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女性が働くということ。

[ 2011/01/27 19:17 ]
1日目は24時半まで&2日目は7時から開始 というけっこうハードな工場立会い終了。
ヨレヨレになって帰宅しました…

結果的には概ね問題なく仕事は進んだのですが、一箇所大きなミスを犯してしまったことに気づいて蒼白になるシーンも。
さすがに動揺して一瞬冷静さを失ってしまったのですが、先輩が一緒だったので救われました。
が、こんなことでうろたえてちゃいかんよなあ。と反省。
現場から(失敗も含めて)学ぶことは大きいです。


◆◆◆


男性にまじって深夜まで現場に入ったりするのは全っ然苦にならないし(そりゃ疲れはするけど)
男性と同じように働くことに対して、全くもって何の違和感も感じていない。

とはいっても「やっぱり女の子に無理させるわけにはねえ」という声があがると
ホイホイじゃあお言葉に甘えて♪と調子に乗ってしまう、フワフワな私なのですが。

一方で「そういうのって逆差別!」と思う女性もいるようです。


ザ★男性社会なわが社としても、女性をもっと活用しようとか重要なポストに登用しようとかいう動きが出ているわけで
そうなるとどうしても、同じレベルの仕事をしている男性と女性だったら、女性のほうに甘い処遇になりがち。

誤解を恐れず正直に言うと、私は不届き者なので、そういう「ウラ」があっても結果的に高く評価してもらえるんだったら「ああラッキーだったなあ」「いい時代にうまれたなあ」とありがたく頂戴します。一抹の心苦しさはあれど。
(もちろん、甘い評価がのちのち自分の首を絞めるなんてことになるようでは問題外だけど)
でもきっと、それが不満でたまらない女性もたくさんいるんだよなあ。


多分、どの考え方が正しい、というのはないし
もっと他の考え方をする女性だってたくさんいるに違いない。

いろんな考え方があって、人生の選択肢が増えて
自分の判断で進むべき道を選び取っていかないといけないというのは大変なことだけど
それが許容される社会なのであれば、むしろ女に生まれてきてよかったな。と思ってます。


◆◆◆


とはいっても、男性ならではのタフさにも憧れる今日この頃。

根性はあるほうだと自認してるんだけど、体力のほうがなかなか追いつかないのねん。
いい仕事するにしてもまず体力!とつくづく実感…。


◆◆◆


ヘロヘロで帰宅した週末。
お風呂につかって思わず「おおぅぅぅ…」と私の中のオッサンが声を出してしまうぐらいのヨレっぷりでした。
いやーよく頑張りました。この1週間。

貴重な土日、歌と宴会とのんびりを満喫しますーーー!!
スポンサーサイト
うちも食品はわりかし男性社会で、
そんなかに混ざって男女関係なく働いてたりするが、
女子扱いされることについて差別だとは思ったことないなぁ。
私もラッキー♪って思うタイプなんで。
あー、私も年末は男性のタフさがほしいー。今でも十分タフだと周りからは言われるけど(笑)
[ 2011/01/29 16:42 ] [ 編集 ]
>シマリスさん
普段の職場環境もそうだけど
昇進とかのときにどう評価されるか…がひとつのポイントだと思うの。

「女性だから」という色眼鏡がかかると
どこまで正当に評価されるのかしら、というのは
なんだかんだでとても気になるところだなあ。
[ 2011/01/30 19:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。