a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カイロ先生に聞いた深い話。

[ 2011/03/10 22:47 ]
カイロプラクティックの先生に聞いた、深い話。


あるところに、姑さんととても仲の悪いことで悩んでいるお嫁さんがいました。
口をきくのも嫌。そばにいるのも嫌。
もう苦痛で苦痛で、なんとかして姑さんが「いい姑さん」に変わってくれないものかと思う日々。

そんなある時、とある心理学の先生のところに相談にいきました。

「先生、姑をなんとかしていい人に変えられないものでしょうか」

先生はしばらく考えて、こういいました。

「わかりました。ではこれから毎日、『おはよう』『おやすみなさい』と声をかけ続けてください」

お嫁さんは、口をきくのも嫌でたまらないのに、不承不承毎日声をかけ続けました。

そしてしばらく経ったある日。
また先生のところに行ったお嫁さん、
「まだ相変わらず嫌な姑なんですが…なんとか変わらないでしょうか?」

すると先生はこういいました。
「ではこれから毎日、1時間でいいから隣に座ってテレビを観るようにしてください」

お嫁さんは、側にいるのも嫌なのに、不承不承1時間一緒にいるようにしました。

そうしてそんなやり取りが続いて数ヶ月。

不仲だったお嫁さんとお姑さんは
いやいやながらも少しずつ会話するようになり、会話の量がだんだん増え、笑顔もだんだん増え


そして


「先生、姑とすっかり仲良くなりました!」



◆◆◆


他人は変えられない。
変われるのは、自分自身。

雨が降っていて
「濡れるしお出かけできないし、もーサイアク!!」と不貞腐れるも
「ちょうど家でのんびりできるいい機会だ♪」と前向きにとらえるも
すべては自分の気持ち次第だということです。


さて、なんでこんな話になったかというと。
カイロプラクティックの先生との雑談の中で、私が義母のことを
「ウチの親が」と何の気なしに言ったことがきっかけ。

「旦那の親が」とか「義理の親が」ではなく「自分の親」として自然に受けとめてるから、きっと姑さんとの関係は良好なんだね!
と言われたのでした。

今までそんなこと気にしたこともなかったけど、言われてみればそうなのかも。
いやでもそれはきっと、義父・義母のほうが私に対して自分の子供と同じように(かつ押し付けがましくなく自然に)接してくれてるからだな。
とてもありがたい。家族に恵まれるというのは、本当にありがたいことです。



◆◆◆


こんな深い話の後に


ここ10年ぐらい耳にしなかったレベルのディープすぎる下ネタ(本当にえげつなさすぎて書けない)と
近所の大型書店裏にある、パンが美味しいビストロの情報★という

どう抱き合わせたらそんな取り合わせになるのかわからない話題で盛り上がったんでした。





何しに行ったんだっけか。はて・・・
スポンサーサイト
深いですねぇ・・・
私も鍼灸マッサージの先生の所に行くと、体の疲れとは全然関係のない、変な話になります。先生がお話好きなおかげで、それはそれで、色々と楽しいのですが(笑)

やっすんさんのお義父様もお義母様も、素敵な方なんですね。
私はどうかなぁ・・・と思い返してしまいました。
義母は、結構いい感じにほっといてくれているので、まだ、それ程、お互いをよく知らないので・・・これからですかね。
[ 2011/03/10 23:21 ] [ 編集 ]
>kirikaさん
マッサージでも美容院でも、話の面白い方に担当していただくと
なんだか得をした気になりませんか?
(もちろん本業をちゃんとやってくださることが前提なのですが)

私も結婚してまだまだ日が浅く、義父母との付き合いもこれからなのですが
親戚一同見渡してもみんな朗らかで気さくな人ばかりなので
とりあえずはいいおうちに嫁げたんだなあ、とほっとしてます。
[ 2011/03/13 06:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。