a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フレンチトーストに悶絶

[ 2011/03/22 09:23 ]
結婚式の話の前に、おいしいもので感動した話。

メイクやヘアセットで朝早かったため、前日から式場近くのホテルに宿泊していました。
そして当日は朝食の時間より早くに出発してしまうので、前夜にルームサービスを予約。

6時に運んできてください、とお願いしておいたら
きっかり6時に部屋のチャイムが鳴りました。
恐るべし日本のホテルマン。


テーブルごと運んできてくださいました。なんかすごいね。

DSCF0861.jpg

夫は普通のアメリカンブレックファストだったのですが、私はとあるメニューに目をつけてアラカルトでオーダーしていたのでした。

それがコレ!

「死ぬほど美味い」と絶賛される、かの有名なフレンチトーストです。

DSCF0863.jpg

見た目は、だしまき卵2本分といった感じ。堂々たる黄金色ー!

DSCF0867.jpg

丸一日かけて卵液をしみこませるそうで、中までジューシー。
パンのぱさぱさ感が全くなくて、これは本当にパンだったものなのかと首をかしげるほど。
パンじゃなくて、卵焼きなんじゃないのホントは?と思うぐらいのタマゴ感。

なのにどっしり重い感じでなく、ナイフを入れるとふんわりじゅわっと切れるほどほどの軽さ。
表面はシナモンの香り。そして中はほんのりバニラの香り。


うまー!うまーー!!

と朝から歓喜の声をあげてぱくぱくと頬張ってしまいました。
こんなに食べたら結婚式のお食事が入らない…でも構わない!!こんなにおいしいんだもん!!!


魔法のようでした…
フレンチトーストを注文した前夜の私、GJ!
(そして母にこの話をしたら「なんでもっと早くそれを言わないのーー!」と叱られた)


これで、結婚式に向けて気合十分です。全力で弟夫妻を祝福します。



◆◆◆


お部屋からのながめ。

DSCF0870.jpg

いろんなことをしみじみと考えさせられる景色です。
スポンサーサイト
おめでとうございます(*^_^*)
やはり結婚式は思い出すだけでも、幸せな時が蘇ります。きっと一生の思い出なんですよね。

一つ違いの姉とはやはり結婚も1年違いで、両親も数カ月は寂しかったようです。

フレンチトーストには、高い部屋の眺めを見ながら…美味しさに絶叫しそうですね。
本当この景色、感慨深いです。
ちなみに私はポートピアでした。

[ 2011/03/22 11:01 ] [ 編集 ]
こんばんは^^

テーブルごと届いたんですか!?
てことは、全部セッティングした状態でエレベーターに乗せてきたんでしょうか??
まさか、お部屋の前でセッティングは…しないですよね??
すごいなぁ。。

このフレトでホテルがわかりました!!
超おいしいらしいですね。。
食べたことないのでΣ(|||▽||| )
お持ち帰り用もあるとか。。
じゅわじゅわでシナモンふんわり♪♪
ヨダレがっ。。
あたしも、披露宴ではデザートだけでいいから、代わりにこれが食べたいです!!
[ 2011/03/22 20:10 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>kwstmyさん
娘が結婚するのと息子が結婚するのとでは、親の想いってやはり違いがあるみたいですね。
私が結婚するときは「他の家に嫁ぐのか」という寂しさがあるようでしたが
今回は「あの子がこんなに立派になって…」と感無量だったようでした。
[ 2011/03/23 20:37 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> あんみぃさん
そう、テーブルごと届いたんです!
ルームサービスでテーブルごと届いたのってこれがはじめてで驚きました。
(皿数が少なかったから、テーブルごとおいていったほうが早いと考えたのかもしれませんが)

フレンチトーストは絶品でしたよ!
これだけの情報でわかるなんて、さすがあんみぃさんですね(^^)
[ 2011/03/23 20:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。