a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食べたもの。その2(辛党編)

[ 2011/05/07 07:34 ]
サンフランシスコは移民の街。そしてワインの名産地。
ということで、世界各国の、ワインに合う料理がいろいろ食べられるのです。
じゅ、じゅるる…(思い出しヨダレ)。


◆First Crush

夫一押しのお店、ユニオンスクエアにあるカリフォルニア料理レストラン「First Crush」へ。
(※リンク先音出ます)

DSCF1427.jpg

ナパでワイナリー巡りをした後の打ち上げ?だったので、ここでもしっかりワイン飲み比べ。
このお店では「Sampler」といって複数のワインの飲み比べセットが用意されているのです。
ナパで散々赤ワインを飲んだ後だったので、私は白ワインの「Spring Sampler」をオーダー。

左から
□skylark 2009 Pinot Blanc Orsi Vineyard
□Y.Rosseau 2009 Old Vines Colombard
□Cliff Lede2009 Sauvignon Blanc

DSCF1429.jpg


…写真に撮る意味があったんだろうか。

えっと、感想は
左端→軽くてすっきり
中央→シトラスっぽいさわやか辛口
右端→はちみつっぽいフレーバーも感じられて、私はこれが一番スキ

この程度のワインテイスターです(^^;)まだまだ修行せねば。

みんながこのSamplerでオーダーしたので、4人がけのテーブルには赤白スパークリング取り混ぜて計11杯のグラスが並んでいました。
グラスの数だけ見たら、ものすごい酒飲みの集団みたいだ。


つけあわせのフォカッチャ。オリーブオイルの中に入っているのは刻んだオリーブ。
(何かの佃煮かと思った)

DSCF1432.jpg

classic caesar salad(シーザーサラダ)とmaine lobster bisque(ロブスターのビスク)。

DSCF1433.jpg

何このお上品なシーザーサラダは。
みなこさん曰く「私、こんな上品に盛り付けられたシーザーサラダ見たの、生まれて初めて」。


そして夫がリピる一品・maine lobster mac & cheese(ロブスターのマカロニチーズ)。
最初「ザリガニのマカロニチーズがおいしくて」なんていうもんだから、イカニモアメリカンなジャンキーな一皿を想像していたのですが

DSCF1434.jpg

これが美味しいのなんの。
(そもそもザリガニじゃなくてロブスターだったし)
マカロニチーズは、アメリカ家庭料理の定番なのですが、ここまでクラシカルに料理されたマカロニチーズは初めてみました。
どちらかというと、豪華なえびグラタンといった感じ。


first crush garden salad(ガーデンサラダ)。
ただのガーデンサラダなのに、具材が凝ってて面白い。
赤いものがなんだかよくわからないけど美味しくて、今の何?とちょっとした騒ぎに(私の中で)。
プチトマトでもないし、にんじんでもないし…ビーツだったのかなあ。でもそれにしては鮮やかな赤。

DSCF1435.jpg


pan roaeted true cod filet(白身魚のロースト)とdevil's gulch ranch rabbit three ways(ウサギの肉を3種類の方法で調理した何か)。←訳がだんだん適当に
奥が白身魚。手前がウサギさん。

DSCF1437.jpg

ウサギさん拡大。下に敷かれているのは、レンズ豆。

DSCF1436.jpg

どこをどう料理したのかわからないのですが、とにかくやわらかくてジューシーで美味しかったです。まさにありがとウサギ(くどいなあ私)。

あまりのウサギおいしさに(余談ですが、「ふるさと」の歌詞を「うーさーぎー おーいしいー」だと思ってた方いらっしゃいませんか?)
続くラムのボロネーゼの写真撮影をうっかり忘れてしまいました。これも美味しかったの。

ということで、漏れなくすべてが美味だったという素敵なレストランでした。
サンフランシスコを旅行される機会があれば、是非どうぞ!


◆庶民派お惣菜
素敵料理の後に何なんですが
ステイ先近くのタイ料理屋さんで、お気に入りの一品みつけた。
「バジルトウフ」

DSCF1520.jpg

見た目、きちゃなくてすみません。

バジルトウフ、と聞いて一体どんな珍妙な料理なんだ、と好奇心に駆られて注文した料理だったのですが
フリッターのように薄く衣をつけて揚げた豆腐を、ココナッツ風味のカレーのようなスパイスで、野菜・バジルと合わせて炒めたと思われる一品。
ハマりました。
豆腐じゃなくてもいいんではないかとも思いますが、まあいっか。

豆腐はヘルシーフードだと認識されているようで、あちこちのレストランで「豆腐」を使ったメニューを見かけます。ベジタリアンも食べられるしね。


あと、写真撮ってないのですが「Joe's Special」というのがサンフランシスコの家庭料理の定番なんだそう。
スーパーのお惣菜売り場でこのメニューを見たとき、「シェフのジョーさんの本日のオススメかな?」と思ったのですが、そうではなくてれっきとしたレシピ名でした。
ひき肉を、野菜とタマゴと一緒に炒めた料理。素朴な味わいです。
スポンサーサイト
うさぎおいし
あ~うーさーぎーお~いしいじゃなかったですけど、
私は兎負いし・・おんぶしてるんだと思ってずっと???でした。

肉食はめっきり減った分、ロブスターやカニ画像、たまりませんw
[ 2011/05/08 00:01 ] [ 編集 ]
Re: うさぎおいし
>miyoさん
>兎負いし
捕まえたウサギを背負って帰る様子かしら?なんだかありそうですね(笑)!

アメリカは基本的に肉食だと思いますが、サンフランシスコは海が近いせいか
海産物がおいしいみたいです。
でも、魚はほとんど食べなかったなあ…
[ 2011/05/08 10:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。