a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

仲秋の名月@科学館

[ 2010/09/18 19:29 ]
9月22日は仲秋の名月なんだそうです。
そんなわけで、ボランティア先でも「お月見」にちなんだイベントがいくつか開催中。

ボランティア先には、人工衛星から撮影した現在の地球の姿を映し出す球体ディスプレイがあり
お月見イベント期間中の今、地球だけでなく月の映像も映し出されています。


空中に浮かぶ月。




本来なら、ドラえもん師匠のお手伝いの予定だったのですが
お月見イベントサポーターが超人手不足ということで急きょ活動内容変更。
いつもと一味違う場所で、ボランティアを楽しんできました。



赤いところは高度が高いエリア、青いところは低いエリア。
地球よりはるかに小さい表面積の星なのに、高低差は地球と同じくらい(マリアナ海溝~エベレスト)あるという月。

◆◆◆

先日、「月探査に関する懇談会」により日本の月面開発に関する指針が決議され、2015年には月面探査機を送り込んでサンプル回収、2020年には有人月面着陸を構想しているとのこと。
日本は他国に先駆けて進んでいる「ロボット技術」を駆使して月面探査に注力するそうです。

地球と同時期に生まれつつも、大気が存在しないために風雨などの影響をうけることがなく、地表の変化が少なく保たれている月。
そんな月を調査することで、太古の地球の姿を知ることができるといいます。

かぐや姫の話に代表されるように、古い時代から「月」に親しんできた日本が、月に秘められた謎の数々を解き明かすというのは、なんともロマンの溢れる話ですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。