a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋の川越

[ 2011/10/23 06:42 ]
これも夫が一時帰国していた際のこと。
ようやくのオフ日、なんとなく日本らしい場所にいくのがいいかな、と思って
電車1本で行ける川越に、久しぶりに行ってきました。


そして、花粉症と思しき症状に悩まされる夫。行先選びが裏目に出たか。


さておき。
秋とは思えない日差しの行楽日和、川越は観光客で満員御礼状態でした。


こうやって見ると、秋の青空の高いことよ。

DSCF2568.jpg


川越に来るのもこれで4度目なので、風情を楽しむとかよりも
街中の風景にツッコミ入れつつ歩くことのほうに気持ちが向かいがち。
昔ながらの町並みが残っていると、「VOW」的ツッコミどころがたくさんあることあること。



これは、某コーヒーチェーン店の店先に掲げられていたホワイトボード。
そもそもうちの近所のお店では、こんな手書きメニューが出されているのを見たことないのですが。

DSCF2575.jpg

「おいしくて適度な量」というのがセールスポイントの模様です。
普通ここは「ボリュームたっぷり!」といううたい文句が来るところなのですが
控えめであることを敢えて押し出しているところに、オーナーの微妙な心配りが感じられます。

多分このあたりはお年を召した方がたくさんいらっしゃるので
ガッツリ量だと胃袋におさまりきらないことが多いのでしょうが

「あらー!このお店でスパゲッティ食べられるわよー!!」
と元気よくお店に駆け込んでいったおばさま方だったら
「適度な量」ぐらいペロリと飲み込んじゃいそうな気がしました。



これって何らかの規制に引っかからないのだろうか。と思わず心配してしまった看板。

DSCF2574.jpg

倫理的な問題をさておいても、このネーミングセンスはどうよ。
あ、よく見ると文字の色使いでとうがらしのカラーを表現してるのね。



◆◆◆


お口直し。

歩き疲れたので、手近なカフェで休憩。

DSCF2577.jpg

「さつまいもプリン」…食べてみたら、いもようかんだった!!
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。