a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さまよえるオランダ人

[ 2012/03/12 05:50 ]
20120311182524.jpg

新国立劇場で上演中の「さまよえるオランダ人」観てきました。

ワーグナー物って上演時間が長いし途中で疲れそう…
そんな印象があったため、これまでワーグナーのオペラは観たことがあまりなかったのですが
所属している音楽団体が今期の演奏会で取り上げている曲だというのもあり
自分の勉強も兼ねて、大枚払って(ヒラ社員には結構なお値段!)聴きに行ってきたのでした。


つらつらと感想。

・男声合唱かっこいい!やっぱりあれぐらいボリュームほしいなあ
・女声合唱はやっぱり難しい…これは猛特訓しないと。まずは早口言葉からだな
・あと、女声はいかに清楚な「娘さん」らしさを出すか。オバチャン合唱じゃダメね
・オペラって動きがあるから飽きずに聴けてたのしい(でも2幕の途中、ちょっと沈没)
・衣装が凝っていて面白かった。船乗りたちの服、並ぶと舵とロープの模様になるんだ
・娘たちの衣装、質素だけど配色がかわいかったー
・私たちの本番も、衣装でちょっと遊んでみたい
・それにしても、ヒロインのゼンタはやはりちょっと性格が変わっている
・というか中○病ってやつなんでは
・ゼンタの父ちゃんも、なんだかんだで結局金かよ!
・でもわかりやすくて憎めない。娘溺愛してるしね
・オランダ人が自分で「私は『さまよえるオランダ人』だ!」と名乗るのってどうかと思う。結局名無しなのね
・(比較的)常識人のエリックなのに、始終ゼンタに振り回されてばかりで気の毒だ
・ゼンタみたいなめんどくさい子やめて、別の女の子と付き合っちゃいなよ…


このサイトで、あらすじをわかりやすく解説してくれてます)


だんだん方向性がブレてきましたが、内心で芸術にツッコミ入れまくってました。
ワーグナー、ごめん!
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。