a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家族いろいろ

[ 2012/03/20 19:51 ]
夫が再び赴任先に戻っていきました。
こんな生活も早や1年半、もう慣れたものだけど
この自由がちょっとさみしい、と思う夜。

(とか言いつつ、がっつり本を買い込んでひとり時間をエンジョイする気満々)


◆◆◆


休み中に、夫がたの親族めぐりをしてきました。

まずは祖母宅へ。
ちょっと記憶力に衰えが…と聞いていたので心配していたのですが
少なくとも私の前ではとてもしっかりしてらして
「今のうち(孫である夫が不在のうち)に、たくさん旅行しておきなさいね、フフフ」
なんて素敵なアドバイスをいただきました。

義母もすごくアクティブで、若いころから何度も海外旅行にいっていたような人なのですが
(そして「今成田!これから搭乗してヨーロッパにいってきます♪」なんてメールを突然くれたりする)
それは母親ゆずりだったようで、祖母も若いころから幾度となく海外を旅してきたのだとか。

実家一族がそろいもそろってドメスティック、弟ですら新婚旅行がはじめての海外―
という家庭で育ったので、こういう家族が新鮮でたのしい。


美味しいおすしをいただいてから、祖父の入院する病院へ。

御年91歳のゴッドファーザー、年末に体調をくずしてリハビリ中だったのですが
ヒゲ面でたくましい作業療法士さんに
「このお歳のかただと、もうちょっと(自分が)楽なんですけどね~。Aさん(祖父)は筋力があるので疲れます(笑)」
と言わしめるほどの頼もしさで、めきめき回復しているようでした。


結婚してからまだ数回しかお会いしてないおじいちゃん。
(しかもそのうち数回は、孫夫妻よりも自分の趣味を優先しておでかけされてしまったため面会かなわず)
これからもいろいろとお話を聞かせてほしいので、もっともっと長生きしてもらいたいものです。



◆◆◆


祖父母との、ゆっくりした時間を過ごした後は、甥っ子たち(ツインズ+ベイビー)のいる義妹宅へ!
めまぐるしい時間のはじまりー。

幼稚園卒業式を明日にひかえたツインズ、ちょっとはおとなしく、お兄ちゃんらしくなったかな?
と思いきや、相変わらずのわんぱくっぷりでした。

買ってもらったばかりの地球儀を持ってきて

「Sおじちゃん(夫のこと)のおうちは、ここー(アメリカをゆびさして)。
 …やっすん(仮名)おねえちゃんのおうちは…?にほん?」

ちょっとおとなのことは、むずかしかったかなー?

そしてやたらと「こうかい、ここ!」と言ってました。
なんのことかと思ったら、紅海のことらしいです。マニアックな。

ベイビーもおにいちゃんたちに負けず劣らず人懐っこい子どもで
私が持参した、「私が開発したこどもむけドリンク」をごくごく飲んでくれました。いい子だ。

そして、大人用に出してもらったコーヒーのカップの中に、その飲み残しをどぼっと注いでくれました。
いちご味ミルクコーヒー…



◆◆◆

あとでゆっくり書こうと思いますが、大事な先輩というか友人の結婚式もあったりして
「家族」についていろいろと思うこの1週間でした。

笑顔のうまれる「家族」って、世の中のしあわせの源泉なんだと思う。
スポンサーサイト
自分の文化と違う、相方の家の文化って、中々面白いですよね(^^)
私は、祖母と呼べるのは旦那様のおばあちゃまだけなので(祖父はどちらも居ないので)、ちょっとうらやましいです。
[ 2012/03/23 07:23 ] [ 編集 ]
★kirikaさん
結婚してよかったなーと思うのが
こうやって家族が増えたときですよね。
おかげさまで、嫁姑のしがらみもなく、とても可愛がっていただいていて
本当に恵まれてるなあと思います。
[ 2012/03/25 19:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。