a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

図書館戦争!

[ 2012/09/03 06:15 ]
20120902045122.jpg

「図書館戦争」シリーズにはまって、一気読みしてしまいました。

私の読書タイムは、もっぱら退勤時の電車の中。
その隙間時間にひたすら読み続けて、1か月で6冊読了!
(このところ外出続きで移動時間が長かった、というのもあるのですが)

有川浩さんの作品は
「阪急電車」「三匹のおっさん」「フリーター、家を買う」などなどなど読み漁ってきました。
いま挙げたような「人情もの」も佳作ぞろいなのですが
なんといっても有川さんといえば
「ミリ×甘(ミリタリー×あまーいラブコメ)」なのではないでしょうか。

「図書館戦争」シリーズは、まさにその真骨頂。

近未来・架空の日本を舞台に、息もつかせぬ砲火戦&心理戦に恋模様。
しかもその恋模様、どれもがしみじみ幸せな結末を迎えることになるので
シリーズの読後感もまたよし。です。
(最終巻はちょっと、後味の悪い展開もありますが)


しかーも!
主人公の恋模様がもうかわいくって、いちいちツボにはまるのです。

いいなあ。こういうステキな恋、生まれ変わったら一度はしてみたい(笑)。
スポンサーサイト
私も、この本気になっていたんですよ~。
良いですか~。
一冊だけ買って、妹の部屋にこっそり置いておこうかな?(そうすると、妹が興味ありそうなら、続きを買ってくれる(笑))

本って、はまっちゃうと、一気に読んじゃいますよね(^^)
[ 2012/09/05 19:22 ] [ 編集 ]
★kirikaさん
よいですよ~!
ぜひとも買って(そして続きは妹さんに買ってもらって?笑)読んでみてください。後の巻になればなるほどハマっていきます!
浸食を忘れるぐらいはまってしまう本って、意外となかなか出会えないものなんですよね~。
[ 2012/09/09 10:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。