a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サントリーホールでマーラーとブルックナー

[ 2012/12/03 20:18 ]
12月初旬。
年の瀬、というにはまだゆとりがあって
所属してる音楽団体の定期演奏会も終わり、しかしながら音楽の余韻が身体に残っていて
音楽欲がむくむくと湧いてくる時期です。
(しかも演奏会直後で、練習のなくなった週末をもてあます)

昨年も、音楽団体のおにいさまに譲っていただいたチケットで溜池のホールにうかがいました
今年もまた、思い立っておなじホールに行ってみました。

7001_396509767092456_529826337_n.jpg

今回の演目は、マーラーとブルックナー
どちらも親しみやすいプログラムですよね。

すっっごい素人感想ですが
マーラーの「子供の不思議な角笛」は、いろんな物語が次々と飛び出してくる絵本のよう。
7曲を通して、すこしも飽きることなく、むしろ「次はどんな音がくるかな?」と
わくわくしつつ楽しめました。

ブルックナーは、演奏機会のすくない「交響曲6番」でしたが
なんというか、宇宙を感じるというか、大胆で壮大な曲でした。

途中、ふとした瞬間に、仕事のことでひらめいちゃって音楽そっちのけだったのですが
そんな啓示的なことが訪れたのも音楽のおかげかしら。
充実感のある演奏でした。

お客さんのマナーもよくて、フライングブラボーをする人もいなくて(苦笑)
音の余韻をこころゆくまで味わえました。そして客席のあちこちから「ブラボー」の声。

私としては、指揮者のスダーン氏がタクトをおろしたあと
「Bravissimo…(超すばらしい…)」とつぶやいていたのがとても印象的でした。


うん、やっぱり、音楽って素晴らしいなあ。
スポンサーサイト
いいですね~(^^)
音楽会。

私は結局、今年はどこにも行けなかったんでいろいろ行っていらっしゃるやっすんさんがうらやましいです♪

マーラーというと、受験の時に訊くと集中できる音楽と聞きました。
マーラーが音楽を作る背景を聞いちゃうと、本当かな?とか思っちゃったことを思いだします。
[ 2012/12/04 03:22 ] [ 編集 ]
こんばんは^^

クラシックは、座って聞くものより踊るものな感じですー。
バレエ魂が(笑)

レッスン曲もいっぱいあるので、演奏会でその曲がかかると勝手に足が動きます。
お隣に迷惑(笑)
[ 2012/12/05 23:09 ] [ 編集 ]
★kirikaさん
うふふ、シングル(えせ?笑)はフットワークが軽いのですよ。
パートナーがいると、「そうだ明日コンサートにいこう」なんて思っても
なかなか行けませんもんね…
今後、たのしそうなコンサートがあればご一緒しましょうか(^^)?

マーラーって受験勉強向きなのですか?確かに壮大で盛り上がり感があるので
気持ちがワーッと昂揚してくるかも。
[ 2012/12/07 04:49 ] [ 編集 ]
★あんみぃさん
バレリーナあんみぃさんにも、クラシックはなじみ深いものですよね。
そっか、足が動いちゃうんですね~
よく指でリズムとったり頭が揺れたりしてる人はいますが
脳内バレエ(?)をする人もいるのですね(^^)
[ 2012/12/07 04:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。