a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京ジャーミィ

[ 2012/12/20 05:06 ]
最近、イスラム文化に興味を覚えはじめました。
日本人にはなじみのない宗教ですが、イスラム文化のことをもっと理解してみたい。
コレを読んだのがそもそものきっかけだったのですが)

ということで、思い立って代々木上原にある「東京ジャーミィ」へ。

DSCF6892.jpg

ジャーミィとは、大きなモスク(礼拝所)のことだそう。
冬の澄み切った空の下、白く格調高い建物が印象的でした。
どんな宗教でも、祈りの場はどれもいつも美しいなあ。

ちょっと腰が引けてしまい中の見学まではしなかったのですが
外回りを見ているだけでも、イスラム建築の魅力が伝わってきます。
タイルの幾何学模様とか、カリグラフィー(飾り文字)とか
仏教やキリスト教と違って、なんだか数学的な統制された美しさ。
理系のひとは、ぐっとくるのではないでしょうか。多分。


あとちょうど、この本も読んでいたところなんですが


遥かなる水の音 (集英社文庫)遥かなる水の音 (集英社文庫)
(2012/11/20)
村山 由佳

商品詳細を見る


これも舞台はイスラム圏。具体的にはモロッコ。
ロードムービー的な物語でイスラムの文化や風習のことがつづられており
ますます興味をかきたてられました。


ということで、新しい旅の目標。
3年以内に、イスラム圏(たぶんトルコ。ごはん美味しそう)に旅行したい!


…そろそろアメリカとの往復も飽きてきました(^^;)
あ、その前に盟友との韓国旅行も実現させなきゃ。
スポンサーサイト
すてきですね~。
私も、小田急線の窓からよく見ていましたが、モスクだったんですね。

トルコは親日家の人が多いそうです。
実は私のお茶のお家元がトルコの親善大使になったこともあるそうで、私も、隅っこの方ですが、交流が合ったりします(^^)
一度は行ってみたいんですよね。
トルコとモロッコ(に行くならついでにフランス(笑))。
[ 2012/12/20 23:44 ] [ 編集 ]
★kirikaさん
そうか、小田急線から見えるのですね。きれいな建物だから目につきますよね~。
kirikaさんもトルコとご縁のあるかたなのですね。
トルコ~モロッコ~フランス、なんて素敵なルートなんでしょう。
おいしいものがたくさん食べられそう(笑
[ 2012/12/26 06:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。