a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビストロ クレール

[ 2010/10/13 19:20 ]
庶民派商店街の端っこにある、ちいさなビストロ。
引っ越してきた当初は美容院だとばかり思っていたのですが、実はフレンチビストロだということに気づいてからというもの、ずっと気になっていたお店でした。

休日のランチ、ちょっと奮発してコースでオーダー。
休日だもの、グラスワインもつけちゃえー!(そしてフワフワに)


◆鴨の自家製スモークとオレンジのサラダ仕立て

10101-1.jpg

前菜。鴨はもちろん美味しかったんだけど、オレンジのみずみずしさと甘さに感激。名脇役だ。


◆豚バラ肉のコンフィのサラダ仕立て

10101-2.jpg

開店直後に入った私たちがその日初めての客だったはずなのに、お店のお姉さんが次のお客さんに
「すみません、豚のコンフィはもう終わってしまって・・・」
とお詫びしていました。その日の最初にしてラス1だったのか。


◆安納芋のポタージュ

10101-3.jpg

おいものもそもそした感じがなくて、なめらかで美味しかった~。
当然のようにパンですくいとってなめ尽くしました。


◆牛ヒレ肉のロースト はちみつと黒胡椒風味の赤ワインソース
   
10101-4.jpg

メインディッシュ。
お肉がとても柔らかい!お肉の表面にはちゃんとしっかり香ばしく焼き目がついているのに、なんでこんなにもやわらかくてジューシーなのだ。
そしてこれがまた甘めのソースとよくあうこと。


◆和牛ほほ肉の黒ビール煮

10101-5.jpg

スパイシーで濃い目の味付けが、お酒によく合います。
私が頼んだのではありませんが、もし頼んでいたらワインのお代わりをお願いしたこと必至。


◆りんごのプリンとシナモンのアイス

10101-6.jpg

やさしい甘さと控えめなボリュームが、食後のお口直しにぴったりでした。
「もうちょっと食べたい!」と思わせるような味とボリュームのさじ加減がニクい…



と、まあこんな感じで、「これはいいお店を見つけたわい!」と思わず小躍り。
ぜひディナーでも利用してみたいです。

何より素敵なのが、コストパフォーマンスのよさ!
このクオリティのお料理を都心部で食べようとしたら、おそらく値段は五割増しぐらいになるのではないでしょうか。

値段もお店の雰囲気もカジュアルだけど、味は一流。
これはリピーターになりそうです…
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。