a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マエストロ練

[ 2010/10/24 06:47 ]
本番指揮者の中田先生にご指導いただいての練習。オーケストラも一緒。
前回の練習は出張のため出席できなかったので、先生に教えていただくのは今回が初めてだったのですが、ずいぶんとお若い方なんですね(といっても私よりは年上なんだけど)。
合唱団のHさんやUさんやOさんやKさんやYさんあたりと同学年か。

棒は明確で指示もなかなかわかりやすい
(先生は「どういったらいいのかなー」と連発されてましたが、おっしゃりたいことは理解できましたよ、うん)。
しかも面白い。
話の振り方とか表現とか、絶妙なセンスの方だなあと思っていたら、関西のご出身でした。やっぱり(笑)。

さて、練習のほうはといえば、モーリスのレクイエムもモーリスのダフクロも、「形にはなってきたけどいまいち詰めが甘い」といった感。
まとまらないかき揚げみたい(←「きのう何食べた?」新刊の影響)。
せっかくきれいに書き上げられた(シャレではない)音楽なんだから、きれいに仕上げるべく励みます。
それがアマチュアといえど音楽家のつとめ。

それにしても、なんというか最近の某パートの声が気になる。
浅いというかかさつく艶がないというか、なんというか…ごにょごにょ。
客席から聴いたら気にならない程度、だといいのだけど…。


◆◆◆

14時から20時すぎまで練習。
いまひとつ体調がすぐれないのと、翌朝早いのとで、その後の飲み会は後ろ髪引かれつつ断念。

後半は立ちっぱなしの時間が長かったせいか、翌朝になっても微妙に足がダルいです。
あの6時間をテンション高く乗り切った中田先生、すご…!


◆◆◆


チケット差し上げます。ご関心のある方はどうぞご連絡ください。


東京アカデミッシェカペレ 第40回演奏会
指揮:中田延亮
日時:2010年12月4日(土) 18:00開演 (17:15開場)
会場:Bunkamuraオーチャードホール
独唱:大林智子(M-Sop.)
    河野克典(Bar.)
曲目:
M. デュリュフレ/「レクイエム」
C. ドビュッシー/「牧神の午後への前奏曲」
M. ラヴェル/「ラ・ヴァルス」、
        バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲
S席 3,000円、A席 2,500円、自由席 2,000円(3階席)
*未就学児の入場はご遠慮ください。←託児サービスあります



スポンサーサイト
某パート…(どきっ!)
昨日は長丁場お疲れさまでしたー!
終わった後おなじみの3人でご飯を食べに行ったんですけど、
散会したのがまだ10時だったのにも関わらず、
ねむねむでした。
さすがに、あれは疲れましたでごんす(^_^;)

かさつく声…うーん響きの問題かなぁ。
気づいたところから直していきますです。
[ 2010/10/24 11:30 ] [ 編集 ]
>みゅーろんさん
練習、お疲れ様でした。
歌う時間はそんなに長くありませんでしたが、若干待ちくたびれ感もあり…(^^;)私も疲れちゃいました。

発声に関しては、私も人のことは言えませんし、別パートからも不穏な音色が聞こえてきますが
以前より気になるところが多いような気がして…。
うーん。
[ 2010/10/24 20:01 ] [ 編集 ]
うちのパートか?
不穏な音はあらゆるパートから…
オケからも…
気にはなるけど、気にしすぎないもの必要かと。
気になれるようになった、のが進歩だと思います。
[ 2010/10/26 02:28 ] [ 編集 ]
Re: うちのパートか?
>Gucciさん
たまに「自分か!?」と思うこともありますが(汗)
3,4年前よりも不穏な音が増えている気がするのですよね…
ともかく、「自分発・不穏な音」がなくなるように
精進する次第です。
[ 2010/10/28 05:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。