a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夫のバースデー

[ 2011/11/13 18:41 ]
夫の誕生日でした。

といってもなんだかややこしく、日本では誕生日なのに
本人のいるアメリカはまだ、誕生日イブ。

おめでとうと言うべきか、まだ取っておくべきかと迷っていたところ
贈ったプレゼントが、イブの間に到着してしまったとのこと。

こんなにEMSが早い仕事をするとは思ってなくて、目測あやまりました…
(送料だけで3200円もしたから、これぐらい早く運んでもらって当然といえば当然か)


じゃん。


DSCF26171.jpg


知るひとぞ知るラジオ番組「あ!安部礼司」の番組グッズ。
「いまさらツボな曲」を集めた「IMATSUBO X」に
日本古来より伝わる男性用下着を現代によみがえらせた「Ave.Pan」。
個人的にはこのアベパンを、国際コミュニケーションにぜひとも活用していただきたく。

そして、知るひとぞ知る弊社新商品も、こっそり同封しておきました。青魚食べる国じゃないからね。



遠距離生活をはじめて、もうすぐ1年。
けっこう楽しくやってます。

いってきます

[ 2011/08/05 05:17 ]
夏は渡米するつもりは全くなかったのですが

・たまたま会議の予定がまったくない1週間があった
・スカイゲートで航空券が往復10万円だった

ということで、勢いでポチっとチケット購入してしまったのですが

・あれよあれよという間に大忙し
・燃油サーチャージも合わせると結局17万円ぐらいに

という展開に。まあ買っちゃったものは仕方ない。行ってきます。


出国当日は、会社で仕事してから空港直行。
仕事はいくらでもあるのですが、1週間以上前から社内外の関係者には根回ししておいたので
不在中にトラブルになることは、おそらくない、はず…
そして帰国翌日から出社予定。
あんまり時差ボケしないたちなので、大丈夫でしょう。たぶん。

今月後半に仕事の山場を迎えているため、気持ち的にはあまりリラックスモードではないのですが
このところちょっときりきり舞いなので、一息つくつもりで過ごしてきます。


支援物資 第3弾

[ 2011/07/05 20:21 ]
第1弾
第2弾
に引き続き、第3弾を発送しました。


米国滞在しているからには
「米が食べたい」だの「味噌汁のみたい」だの言うのかと思ったら
今回のリクエストは


歯ブラシ


でした。なんじゃそりゃ。

なんでも、あちらでは歯ブラシも大陸スケールらしく
極東の島国出身の夫の口には大きすぎるとのこと。

というわけで歯ブラシ数本(あと歯間ブラシもおまけにつけた)を送付。
でも、歯ブラシだけじゃ面白くないなあ、と思い

歯磨き粉も一緒にプレゼント★


かの有名な「BREATH PALETTE」でござい。


一番摘み緑茶。

DSCF1789.jpg


そして…印度カリー!!

DSCF1790.jpg

キワモノだなあ…と思いつつ、ここ5年ぐらい生き残っているからには(しかもソニプラとかにも置かれてる)
それなりの魅力のある商品だと考えております。

夫、気に入ってくれたかなあ。(・∀・)ニヤニヤ



◆◆◆


夏休みには渡米しない気満々だったのですが
ふと思い立って、ぽちっと往復航空券を購入してしまいました。

決して安い買い物ではない。

※チケット額面10万円だと思って買ったら、燃油サーチャージ5万円がオンって…
 軽く詐欺かよ!と思いました orz

仕事も結構山場。

※下手したら、帰国翌日に現場立ち合いという修羅場 orz


我ながら、やっちゃった…感があるのですが
夫に会いにいくのだもの。エールを送りにいく(つもり)のだもの。

別にいいよね!お金も仕事も、なんとでもなるさ(ちょっと投げやり)!!

夫からプレゼント

[ 2011/05/21 17:46 ]
夫からどっきりサプライズプレゼントが届きました。うひゃあ!

DSCF1570.jpg

いったい何事?!と驚いてたら
「遠距離半年記念」だそうな。どんな記念日やねん(笑)。

あと、なんだか私がこのところ疲れ気味で元気がなさそうだったので、元気づけようと思って…
とも。くぅぅ。泣かせるねえ。

顔に似合わず(爆)粋なことをしてくれるではないですか。
ありがとう夫。元気でたよ。

半年。

[ 2011/05/15 18:49 ]
遠距離夫婦生活、もうすぐ半年突入です。
シーズン1、終了といったところでしょうか。

skypeやfacetime、あとメールのおかげで
太平洋をはさんだ遠距離でもほぼリアルタイム通信できるため
ストレスを感じることなく過ごせています。

別居生活が始まったタイミングで、私の仕事が佳境に入ってきました。
夕ごはん作りのことを気にせず、仕事に集中できるようになったのはちょうどよかったのか。
(まあ、そのせいで食生活はあまり褒められたものではありませんが…)

仕事に趣味に、まさに「おひとり様」を満喫している毎日です。


でもね。


「おひとり様」を満喫できているのも、遠く離れている中でも夫の支えがあるからだと思うのです。
贅沢なことだわ。



◆◆◆


夫婦なんだなあ、と思ったこと。

3か月に一度会えればよいような状況なのですが
3か月ぶりに会ったとしても、以前と何にも変わらずに接することができるということ。

特にラブが盛り上がるわけでも、逆に冷めるわけでもなく
過剰におもてなしをするわけでも、他人行儀になるわけでもなく
淡々と以前と同じペースで会話したり、ごはん食べたり、笑い合ったり。

それはもう、家族にしかできない接し方だなあと思います。
離れることで、再確認中。


いや、惚気っていうんじゃなくて
赤の他人が出会って奇跡のように家族になり
しかも同じことが地球上のあらゆるところで毎日毎日起こり続けてるというのって
ほんとに不思議で壮大ですごいことだと思います。
プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。