a box of chocolates

人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで何が入っているかわからない。でもきっと、素敵なものがいっぱい詰まっているはず。

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

結婚式でした

[ 2013/01/28 05:40 ]
DSCF7400.jpg


大学時代のサークル同期の結婚式でした@雪降る杜の都。
寒波到来ということで、ちょっと心配になるぐらいの降雪。
雪の中の結婚式もなかなか大変だなあ…と思ったら
自分の結婚式@東京 のときのほうがよっぽど大雪でした(^^;)。

とはいっても、結婚式場は駅直結のホテル内&二次会会場も地下通路を通っていける場所だったので
直接雪に降りかかられることはありませんでした。
(地下通路から二次会お店までのわずかな地上部分が路面凍結してて、決死の5メートルではありましたが)

こういうところも、新郎新婦のこまやかな気遣いだなあ。


「ザ・気配りすと」な彼女、披露宴のときでさえみんなに気を遣ってやや緊張していた様子でしたが
二次会ではリラックスした笑顔が見れてよかったよかった。
やっぱり花嫁さんは、満開の笑顔でないと!

新郎新婦ともに、まわりの人たちからとても愛されてるのが伝わってくる結婚式でした。
幸せいっぱいの場所に招待してくれて、本当に本当にありがとう!!



◆◆◆


印象に残ったシーン(番外編)。

①牧師さまのテンションが高すぎる
 結婚式を執り行う牧師さま、入場するなりいきなり

 「ハァァピィ ニュゥ イヤァァ――!!!」

 とな(驚)。
 やたらテンションの高いかたで、式のお言葉もいちいちパッションに溢れていましたが
 式が終わった後も

 「フレーーーンズ!!!」

 などなど叫んでらっしゃった、ある意味エンターテイナーでした。
 ちょっと個性的すぎる(そのぶんすごぉく記憶に残る式だったわけですが)。
 
 それにしても、結婚式の外国人牧師さんって、なんであんなにもインチキくさい(失礼)日本語なのでしょうね。
 実はもっと流暢に日本語はなせるんじゃなかろうか。といつもうがった見方をしてしまう私。


②おぞうに

DSCF7469.jpg
 
 シーン、というかお料理。披露宴のコース料理のしめがお雑煮、というのも意外でしたが
 なんと鮎がどーーーんと乗ったお雑煮でした。すごい!
 これって東北地方の習慣なのでしょうか。もうビジュアル的にもおなかいっぱい。


そのほかにも、二次会ゲームでの笑っちゃうぐらいの同期の引きの強さとか。
これからずっと、からしがぎっちり詰まったパンを見るたびにこのことを思い出すんだろうなあ。
(そんなパンにお目にかかることはそうそうないだろうけど)

セドナ

[ 2013/01/25 05:37 ]
そうそう、今年の年始はセドナで迎えたんですよ。

見渡す限りごつごつした岩山に囲まれた、こぢんまりとした小さな町なのですが
岩山が赤土のせいか、はたまたこれが「パワースポット」たる所以なのか
荒々しさは感じられなくて、ゆったり迎え入れられるような雄大さを感じます。

澄み切った青い空との赤い岩山のコントラストがまた美しい!

DSCF7193.jpg


セドナには「メサ」と呼ばれる台地がいくつかあります。
セドナ4大パワースポット、のひとつとして知られる「エアポートメサ」から
振り返って「サンダーマウンテン」を望むの図。

ネズミ―ランドの「ビッグサンダーマウンテン」のモデルになった場所のようです。

DSCF7194.jpg


こちらは「カセドラルロック」。
ここもパワースポットのひとつだそうで、トレッキングする人もいるんだとか。

DSCF7199.jpg

しかしながら何かのパワーが感じられたかというと、そうでもなく。
でも、広大な景色を眺めているとすがすがしい気持ちになれて、それだけでも十分パワー充電。

セドナには半日ぐらいしか滞在していないのですが、いつかまた再訪してのんびり歩き回りたいなあ。



◆◆◆


セドナのマクドナルド。景観保護のために、ロゴが黄色じゃなくてターコイズブルー!

DSCF7202.jpg


◆◆◆


セドナからラスベガスに戻る道のりは、ただまっすぐな道をずーーーーっと突き進むドライブウェイ。

途中、「ルート66(アメリカ最初のハイウェイ)」で知られる町・セリグマンへ立ち寄りました。
映画「カーズ」の舞台になった場所だそう。

DSCF7219.jpg

人口150人程度のちいさな町ですが、「Good Old America」といった風情の、しみじみさびれた感じ。
ニューヨークやロスなんかの大都市ばかりじゃなくて、こういうのもアメリカのひとつの姿なんだなあ。

DSCF7222.jpg

ジム通い開始

[ 2013/01/20 07:21 ]
前々から運動習慣をつけないといけないなあ、と思ってはいたところ
ふとしたランチタイムのおしゃべりから、フィットネスクラブに入会する流れになっちゃいました。

・ランチ仲間のひとりが、ティップネスに入会
 ↓
・他のひとりも、別のクラブに入会(この人はもともとスポーツ好きなんだけど)
 ↓
・ほんじゃ私も…

という非常に軽いノリ。

そもそも、今会社では残業禁止キャンペーン中ということもあって、これまで
残業についやしていた定時以降の時間をちょっと持て余し気味だったのです。
フィットネスクラブに通えば、ノー残業習慣と運動習慣の両方が身につくかも。
と思いついたのがきっかけでした。


◆◆◆


入会時に、全身の体組成測定をしてもらいました。
うーん、やはり思っていた通りの貧弱マッスル。。。

20130120070410.jpg

体重を落とすというよりはむしろ、筋肉をつけて体重を増やすぐらいのほうがよさそうな感じです。
とりあえず3か月間で筋肉量を1キロ増やすのが目標。


◆◆◆


もちろん仕事が忙しいときは難しいですが、早く帰れる日は小一時間でもフィットネスクラブに通って
筋トレと軽い有酸素運動を続けられれば…と考えています。

ダイエットと肩こり解消、できるかな?

グランドサークル

[ 2013/01/14 07:14 ]
今回の旅行のメインは、「グランドサークル」観光でした。
グランドキャニオンをはじめとする、いくつもの国立公園が広がるエリア。
どの場所も壮大な景色が広がっているのですが、それぞれに表情が違うのが興味深いです。


◆アンテロープキャニオン
ネバダ州(ラスベガス)からユタ州に入り、さらにアリゾナ州に移動。
Pageという街からさらにオフロードトラックに乗り換えて、干上がった川のようなところを
ゴトゴト運ばれていった先に「アンテロープキャニオン」があります。

水によって岩が浸食されてできた地形なのですが、岩質が柔らかい「砂岩」であるために
荒さの中にも柔らかさが感じられる、こんな姿かたちになるようです。

DSCF7030.jpg

岩壁を触ってみると、すべすべ。足元はサラッサラの白い砂。
幅2~3メートルぐらい、場所によってはひと1人がやっと通れるぐらいの細い渓谷です。

ちなみにこの場所は、ナヴァホ族居留地(「ナヴァホ国」)内にあり、ナヴァホのガイドさんが案内してくれます。
「あのかたちはエイブラハム・リンカーンの顔」「あのかたちは熊の顔(垂れてるハチミツつき)」なんて
想像力豊かに景色を紹介してくれました。そしてこの写真↓は「ハートの形」。

DSCF7036.jpg


◆ホースシューベンド
アンテロープキャニオンから少し(20分ぐらいだったかな?)車で移動した先に
Horseshoe Bend(馬のひづめのように曲がったところ)の名の通り、眼下にはコロラド川がU字形に流れています。

DSCF7062.jpg

下をのぞきこむとうっかり落っこちてしまいそうなほど、まっすぐに切り立った岸壁。
恐る恐る覗き込むも、我ながら笑っちゃうぐらいのへっぴり腰…(^^:)


この周辺には、こーんな広大な乾燥地帯が広がっています。
見渡す限り、何もなし!

DSCF7061.jpg


◆モニュメントバレー
どんより曇った夜のうちに、モニュメントバレー内にあるホテルに移動したのですが
夜が明けてはじめて、目の前にこんな感じの風景が広がっていることに気づきました。

DSCF7106.jpg

それほどにまで、月や星がなければいっさいの光がないぐらい、人工物のない世界。
地平線の果てまでずっと、巨岩と砂漠だけしか見えない場所。
ナヴァホの人たちは、このモニュメントバレーを「世界のはじまりの場所」として崇めているそうです。
確かに、神様(のような大きな存在)が作ったとしか思えないような、壮大すぎる眺め。

人間のちいささを、思い知らされました。

ラスベガス

[ 2013/01/11 05:59 ]
ラスベガス行ってきました。

といってもメイン目的はグランドキャニオンツアー。
ツアーの出発が早く帰着が夕方になるため、ラスベガスは前後泊目的です。

ツアー前日のお昼ごろ、サンフランシスコからマッカラン国際空港へ。
はじめて使ったVirgin America、機内にはパープルのライトが点灯していてスタイリッシュな印象。
オーディオプログラムも充実していたようです(ようです、というのは私は機内で寝ちゃったから…)。
さすがレコード会社!


◆◆◆


ラスベガス中心部は、カジノホテルが林立しています。
もうね、ホテルっていうよりは「巨大ゲームセンター」って言ったほうがいいのではないかと。
しかも各ホテルのそれぞれにテーマがあるので、あちこちのホテルを覗いてまわるだけでも面白いです。


エジプトがテーマの「ルクソール」。黒光りする巨大ピラミッド(がホテル)、飛行機からもよく確認できました。

DSCF6977.jpg


これは「ベラッジオ」。シルクドゥソレイユの「オー」を上演するシアターがあることで知られていますが
無料で見られる、ホテル前の噴水ショーもこれまた有名。
びっくりするくらい高いところまで水柱があがります。

DSCF6996.jpg

ベラッジオ、ホテルの中もゴージャスです。
天井にはステンドグラスの花が咲き乱れていて豪華。

DSCF6998.jpg

ホテル内にあるJean-Philippe patissereの、チョコレートファウンテン。世界最大なんだそうです。

DSCF7003.jpg


メインストリート(ストリップ)をそのまま北上した先に見えるのが、ラスベガスのシンボル・ストラスフィアタワー。
こうやって堂々と見えてはいるのですが、実際の距離はかなりあるので、ここまで行くことはできませんでした。。。

DSCF7240.jpg

というか、ラスベガスのホテル自体がそれぞれ巨大なので「すぐそこに見えてるんだけど歩いてみると結構遠い」なんてことばかり。
ちょっと隣のホテルぐらいまで足を延ばしてみよう!の軽いつもりが、結構な運動量になるなんてことも。



こちらは「ベネチアン」のショー(を裏手から見るの図)。
クリスマスはとっくに終わっていますが、あちらの国では1月6日(Epiphany)までは
クリスマスツリーを飾りっぱなしにする習慣があるようで。

DSCF7265.jpg

突然イタリア?と思ったら、これ実はホテルの中!

DSCF7274.jpg

ベネチアンの中には運河が流れていて、カンツォーネを歌う船頭さんが漕いでくれるゴンドラも浮かんでいます。
(でも、船頭さんがみんな女性で細い声のソプラノだったりするあたりが、少々ニセモノ感(^^;))

この景色を見るなり、「お台場のヴィーナス○ートだ!」と思ってしまった私。
実際にヴェネツィアに行ったこともありますが、それよりも明らかにヴィー○スフォート。
天井の様子だけじゃなくて、お店とか屋台の並び方までそっくりでした。

※と思ってネットで調べてみたら、どうやらデザイナーが同じのようです。ベネチアンとヴィーナスフォー○。


こちらは「ミラージュ」の火山噴火ショー。

DSCF7286.jpg

これも無料で見られますが、惜し気もなくどっかんどっかん火を噴いてます。

ラスベガスでお金を払ってみたショーはシルクドゥソレイユの「カー」だけでしたが
(これがもう、手に汗握って前のめりになってしまうぐらいのダイナミック&エキサイティングなショーでした)
こうやって無料ショーがあちこちのホテルで開演されているので、意外とお金をかけずに楽しむことができました♪
プロフィール

yassun7

Author:yassun7
大阪生まれの大阪育ち。
そして東京に暮らしてはや11年。
予定調和がモットーだけど
予測できない人生もまた面白い
と思い始めたアラサー女子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。